妊娠から離乳食まで

妊娠が分かってから食べるものに気をつかうようになったママに。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

出産準備アイテムリスト

出産準備アイテムリスト市場へ

マタニティママ市場へ


出産育児一時金の受取代理とは

健康保険に加入している人(被保険者)が出産すると、出産育児一時金として38万円が被保険者に支払われますが、受取代理制度を利用すると、被保険者の「代理」として医療機関が「受取」ます。

今までは、医療機関で高額の分娩費用を払った後に、出産育児一時金の申請をしていました。

出産育児一時金の受取代理制度を利用すると、分娩費用から38万円を引いた差額のみを医療機関に支払えばOKになります。医療機関は既に健康保険から38万円を受け取っていますからね。

例えば、分娩費用が50万円だとすると、被保険者は差額の(50万円-38万円=12万円)のみを医療機関に支払うことになります。

窓口負担が減り、便利で安心ですね。


出産育児一時金の受取代理の申請の仕方

受取代理の申請用紙は出産予定日の1ヶ月前から区町村役場で受け取ることができます。電話で連絡をすれば、郵送してもらえる自治体もあります。

必要事項を記入の上、医療機関に提出します。

出産後、区から医療機関に出産育児一時金が支払われます。
分娩費用が38万円以上だった場合は、その差額分を医療機関に支払います。